夏の冷え性対策はアヤナスとお風呂です

私の冷え性対策はお風呂に浸かること

夏もだんだんと終わりを迎え、エアコンの使用頻度も少なくなってきました。私がこの夏に経験した体の不調について書きたいと思います。

 

もともとエアコンが苦手だったのですが、今年は涼しいショッピングモールなどに行くと、ものの1時間ほどで身体中が冷えてしまいお腹を壊してしまうことが何度もありました。大好きなアイスコーヒーもホットコーヒーに変えて飲んでいました。

 

体が冷えて胃腸の調子が悪くなると、化粧水も浸透していかないガサガサ肌になってしまいました。このガサガサ肌は冬の乾燥肌とは違う、表面は汗や脂でベタついているのに触るとゴワゴワしている感じでした。

 

そんな私が今年実践した方法は、シンプルですがお風呂の湯船に浸かることです。
暑い時期はいつもシャワー派でしたが、お腹を温めることと毛穴の汗や脂などの汚れをスッキリさせるには、お風呂が最適と思い頑張って入りました。

 

湯船に浸かると肌の血流が良くなり張りが出たので、シャワーだけでは駄目だと反省しました。
これからも実践していきたいと思います。

関連ページ

アンチエイジングの基本はしっかりと身体を温めること
年齢とともにカラダの冷えが気になるようになります。冷えは血行不良なので、アンチエイジングの基本はしっかりと身体を温めることになります。
カラダの中から行う冷え性対策も効果あり
冷え性対策はカラダの中から行う対策も効果があります。夏でもあまり冷たいものものばかり飲むのは、やはり体を冷やす原因となります。
低体温の原因は運動不足と睡眠不足でした
冷え性、低体温を改善するには、運動をして筋肉をつけ、代謝をよくすることが必要でした。それにより睡眠不足も解消できました。